修復歴有りの車とは、フレーム・インサイドパネル・ピラー・クロスメンバー・ダッシュパネル・ルーフパネル・ラジエータコアサポート・フロア・リヤフロアのうち、1ヶ所でも交換・修理したことがある車を差します。修復歴が有ると当然減額され、査定額が下がります。しかし、出来るだけ高く売りたいという思いから、修復歴が有ることを隠す人がいます。気持ちはわからなくもないですが、修復歴が有ることを隠してもバレますよ。査定の時は必ず、査定士から「修復歴はありますか?」と聞かれます。

 

この時に、修復歴が有ることを認識しているにもかかわらず「ありません!」と答えたとしましょう。しかし相手は何台もの車を見てきたプロです。実際に車を見れば修復歴が有ることなどすぐに見破ります。この時点であなたに対する信用はガタ落ちです。査定士は「他にも嘘をついているのではないか?」と疑いの目で見るようになり、結果、査定額を大きく下げられることになります。しかし、ごく稀に、修復歴が有ることを査定士が見逃してしまい、そのまま売買契約が成立することがあります。あなたは、修復歴が有ることを隠すことができ、得した気分になるかもしれません。

 

ところが、車を引き渡した後、買取業者は再度車をチェックします。その時に必ず修復歴が有ることがバレます。そして、買取業者から返金請求されるなどトラブルの原因となってしまうのです。たしかに、修復歴が有ることを見抜けなかった査定士にも問題があります。ですが、買取業者と交わす契約書には、『修復歴を把握している場合は、申告しなければならい。後日、車に欠陥があることが判明した場合は、減額請求ができる』という旨が記されています。結局、査定士に修復歴があるこを隠せたとしても、その後の発覚で、契約の無効や減額請求をされることになります。場合によっては、損害賠償請求されることもあります。ですので、修復歴が有ることを絶対に隠してはいけません。また、仮に修復歴の有無を査定士に聞かれなかったとしても、自分から申告するようにしましょう。そうすることで、後でトラブルになることもありません。